単位制高校のカリキュラムについて

単位制高校のカリキュラムは、一般的にどんな感じなの?

 

単位制高校のカリキュラムは、一般的に選択科目が多様に用意されていることが多いようです。

 

これは『生徒の興味や関心にあわせた選択ができるように』との考えから、卒業後の進路や一般社会に出た時のことを考え、単位制高校では色々な知識をまんべんなく学習できるようになっているためです。

 

 

もちろん必修の科目もあります。

 

国語・数学・地理/歴史・理科といった5科目の授業については、
全日制高校と同じく必修としている高校がほとんどで、
当然ながら用意された単位数をクリアしなくてはなりません。

 

必修科目はその名の通り、『この授業の単位を取らないと卒業できない』
というものですので、これらの授業は必ず受けなくてはなりません。

 

反対に、選択科目は個人個人が好きな授業を自由に選択できるので、
あなたが興味を持っている分野や将来就きたい職業に関係した
科目に的を絞って、自分なりのペースでスクーリングすることが可能です。

 

例えば、将来看護師を目指している人には「社会福祉」や
「実用物理」の選択科目を選んだり、体育教師になりたい人には
「スポーツ学」「総合体育」、などといった多種多様なコースが用意されています。

 

自分のライフスタイルや目標に合わせた勉強ができるのが
単位制高校の最大の特徴ですので、働きながら・子育てしながら
単位制高校に通っている人も少なくないようですね。

 

でも、『どんな授業を取ったらいいのか分からない!』という人は、
学校に相談してみましょう。

 

だいたいどんな感じで授業を受けたらいいのか、
いろいろな履修例を教えてくれると思います。

 

学校によってはカウンセラーが常駐していて、授業のサポートや
卒業後のアドバイスなどしてくれる学校もあるようです。

 

なお、前に通っていた学校での単位を引き継げる高校が
大半なので、頑張った過去が無駄にならずに安心できますね。

 

学校によって用意されている選択科目は違いますが、
あなたが目指す道の分野に特化した単位制高校は
きっと見付かると思いますよ!