通信制高校ってどんな学校?

通信制高校ってどんな学校?

 

通信制高校とは、通信手段により教育を行う・授業を受けることのできる教育課程のことです。

 

高校卒業資格というのは、教育法により「3年以上の高校在籍期間を満たしていること」とされていて、いわゆる全日制高校では3年制の高等学校が多いのが現状となっています。

 

ですが、通信制には「年次」という考え方はなく、授業の単位数などによって卒業資格を得ることが可能です。

 

ですので通信制高校に通っている人は、プロとしてスポーツで活躍する方や仕事をしながら通っている社会人の方、高校を途中で退学してしまった人など、いろいろな人がたくさんいます。

 

通信制高校のメリットは、時間の制限がないこと。
なので、自分のペースで学習が進められます。

 

自分の立てたスケジュール通りに動くことができ、
アルバイトや仕事を続けながらでも高校卒業資格が取得できるのです。

 

 

また、普段は自宅学習が主な勉強方法ですが、学校によっては
スクーリング(実際に登校すること)が必須となっているところもあります。

 

スクーリングは卒業という目標を目指す仲間との意識の高めあいや
自分自身への刺激、レポートの提出、カウンセリングなど、
さまざまな理由によって行われます。

 

学校によっては校舎でなく通いやすい都市部のセンターや
分校などへの登校でも、スクーリングの単位が認められる場合があります。

 

「じゃあどんな学校に行こうかな?」と思った人は、
まずはいろんな通信制高校の資料を集めてみてください。

 

学校によって特色が異なりますし、たくさんの情報を得ることができますよ。
実際にオープンキャンパスや見学会に参加して、その学校の雰囲気を
体験してみるのもアリです!

 

「学校まで行っている時間がない!」「見学会はちょっと…」という人は、
ネットでいろいろ調べてみましょう。

 

『ズバット 通信制高校比較』では、東京・愛知・大阪に拠点のある
「ルネサンス高等学校」、東京にキャンパスのある
「さくら国際高等学校東京校」など、12校の資料請求が可能です。
ぜひ利用してみてください。