通信制高校の授業料

通信制高校の授業料はいくら必要?

 

 

通信制高校の授業料は、「その高校が公立か私立か」または「通いたいコース」によっても変わってきます。

 

まず「公立か私立か」という点ですが、全日制の高校と同じで私立高校のほうが高くなる傾向にあります。
(学校により異なります)

 

 

・公立…年間10,000円程度
・私立…年間150,000円程度

 

上の金額は平均的な授業料ですが、
これ以下もこの金額以上の授業料を定めている学校もあります。

 

私立の通信制高校のほうが高いのは事実ですが、
私立はレポート提出がインターネットやタブレットでできたり、
学習の進め方や卒業後の進路などについていつでも相談できるなどの
サポート体制が充実していることが多いため、このような金額となっています。

 

授業料のほかにも、高校卒業までの学費としてかかる費用が複数あります。

 

例えば、教室の設備などを利用するための「施設設備料」や、
実習などのための制服が決められている学校の場合は「制服代(作業着代)」、
タブレットやインターネットの教材にかかる「教材費」、年間数日定められている
スクーリングの際にかかる「交通費」または「食事代」、学校指定の寮に入る場合の
「入寮費」「生活費」などがそれらに挙げられます。

 

これらの費用はすべて受験時・入学時に配布される「入学要綱」
「入学願書届」などに記載されていると思いますので、
どれくらいの費用がかかるか前もって調べておきましょう。

 

また、通信制高校を確実に卒業したいと考えているならば、
サポート校を利用する場合にも費用は自己負担となってきます。

 

通信制高校は自学学習が主体となりますので、自学学習に不安のある人は
サポート校の利用を検討してみるのも良いかもしれません。

 

実は、通信制高校でも就学支援制度が適用できる場合もあります。
公立校では全額、私立校では最大12万円の授業料が就学支援金として
補助されます(どちらも年間)。

 

この就学支援制度は学校を通して申請しますので、
書類提出などの詳しい手続きについては各学校に尋ねてみましょう。