通信制高校の特徴

公立 通信制高校の特徴について

 

通信制高校にも他の学校と同じように公立・私立の学校があります。

 

公立の通信制高校が持つ最大の特徴と言えば、「授業料が無料」ということではないでしょうか?

 

この「無料」とは就学支援金制度を利用した場合の金額で、
利用しなければ年間10,000円程度の授業料がかかってきます。

 

就学支援金制度は学校を通して申請しなければならなず、
申請できる人にも条件があるため全員がこの制度を利用できる
というわけではありませんが、自分が条件に当てはまる場合は申請しましょう。

 

そのほか、入学に関わる費用も私立の通信制高校よりかは少ないですが、
多少なりともかかってきます。

 

入学金をはじめ、学校の設備を利用するための費用、その他雑費などがあります。
これらの金額は都道府県によって変わりますので、詳しく調べたい人は
都道府県のホームページが参考になるでしょう。

 

また、公立の通信制高校では、私立と違って入学試験があります。
学科試験であることもありますし、書類審査や面接、作文などが
入学試験であることもあります。

 

なお、公立の通信制高校に入学(転入)するには、
その学校の所在地の都道府県でしか募集をかけていません。
学校がおかれている都道府県への転居が必要となるため、
引越しが不可能な人は原則受け入れてくれませんので注意しましょう。

 

それから、私立の通信制高校は随時入校の受け入れをしているのに対し、
公立では転入の時期が決められています。
募集人数も決まっていますので、当然受け入れ生徒数には限りがあります。

 

私立はサポート体制が充実している分、授業料も高めとなっています。
公立ではカウンセラーなどが用意されている学校は少ないと思いますので、
本当に自分だけの力で学習をし、卒業に向けて一人で頑張っていかなければなりません。

 

ゆえに、卒業率があまり芳しくないという面もあります。
このことから、公立の通信制高校は「金銭的に厳しい」
「自分一人でも途中でだらけない自信がある人」などに向いた学校であると思います。