不登校から単位制高校に転校する

不登校から単位制高校に転校する

 

不登校から単位制高校に転校する

 

全日制の高校では学年制と
なっていますので、単位が
とれなければ留年です。

 

それまで、学年が下だった人たちと
一緒に学ぶことも精神的に
辛いことでしょう。

 

 

ですから、留年するとそのまま不登校になってしまう生徒も多いと思います。

 

思春期で親との距離も出来てしまう年頃なので、留年のことも相談できずに、
1人で悩みを抱えたり、部屋に引きこもってしまったりするケースがあります。

 

不登校になれば、勉強にも当然ながら、付いていけないので、
中退に繋がってしまうことでしょう。

 

高校を中退してしまった後も、本人が希望すれば、単位制高校へ入り、
高校を卒業することも出来ます。

 

ですが、中退してしまったことで、引きこもりになってしまったり、
学業への意欲が失われてしまったり、将来が見えなくなってしまう子供も増えているのです。

 

 

自宅で勉強できる通信制でも単位制高校がありますので、
コミュニケーションに問題がある生徒さんは、通信制で学ぶことも良いのではないでしょうか。

 

 

 

無理やり、大勢の中で集団生活をさせるよりも、本人が勉強意欲の沸いてくる方法で学習させてあげたいですよね。

 

高校生が不登校になってしまう理由は、小中学生と同じように、本人の問題もありますが、ほとんどが人間関係だということです。

 

 

それにプラスして、無気力になってしまったとか、集団生活に疲れてしまったとか、複雑な理由で不登校になってしまう高校生が多いです。

 

勉強自体が嫌いなわけではないのなら、単位制高校への編入も考えてみるべきでしょう。
退学してしまったら、編入となりますが、在学中に、単位制高校へ転入することも可能です。

 

 無料の資料請求で学校を詳しく知ることができます!

不登校でも単位制高校なら大丈夫!

親御さんとしては、不登校を続けて、いつか登校してくれる日を待っているよりも、
少しでも前に進んでくれたほうが安心できると思います。

 

 

単位制高校などへ入学すること、思い切って学校を変えることも選択肢にあります。

 

 

単位制高校は全国各地に存在していますので、各学校も特色が違いますから、
お子さんにあった単位制高校を選ぶことが出来るでしょう。

 

 

 

通信制の高校は、家庭の事情や、
学業不振で転入する場合にも、
比較的、入学しやすくマイペースで
学習できるので、検討する価値はあります。

 

インターネットで資料請求できる学校も
ありますので、現在、不登校の高校生を
お持ちの親御さんは、資料だけでも取り寄せてみてはいかがでしょうか。

 

高校生で不登校になってしまう子供は、友達や先生と上手く行かなかったり、
勉強についていけなかったり、進路が不安だったり、それぞれの理由があります。

 

家にいた方が、自分のスペースで、自分の好きなことを出来るので、
不登校から、そのまま引きこもってしまう人も少なくありません。

 

 

不登校になりがちな生徒が仲の良い友達のおかげで
登校するようになったというケースもありますが、
そもそも、友達にウエイトを置いていない子供の場合はこうした効果も期待できません。

 

 

それよりは、単位制高校で、マイペースな学習をするほうが向いているといえるでしょう。

 

不登校でお悩みのお子さんを持つ方は、親の押し付けではなく、
単位制高校で卒業するという道もあるということを、是非、教えてあげてほしいと思います。

 

自分で決めて、自分で進むことが大切なのですから。