単位制高校の体験談について

単位制高校の体験談について

単位制高校は、高校卒業するために定められた単位を習得するために
通ったりパソコンで学習したりする高校のことです。

 

通信制や通学制の高校があり、私立高校と公立高校があります。
基本的に公立高校の場合は自主勉強によって単位を習得することが
求められていますが、私立高校の場合は学校の先生が塾の先生のように
サポートしてくれたり世話役として生徒に高校資格を取得するためにアドバイスくれます。

 

そんな単位制高校を選び卒業した方や知人などの体験談を搭載とではご紹介しています。
いろいろ悩んだり将来の進路など考えたりされているご家庭の方は、
当サイトを参考にされるとよいと思います。

 

単位制高校に転入し、卒業後は専門学校や大学に進学される方もいます。
いろんな選択肢がありますね。

単位制高校とはどんなところなのか?

単位制高校に通う人は多くいると思いますが、
全ての人が順調に卒業出来る訳ではありません。

 

通信制高校を卒業した私が、単位制高校のメリット、
デメリットについて説明して行きたいと思います。

 

 

まずメリットについてですが、学校に通う日数が少ないため自由に使える時間が多くなります。

 

自分で計画を立ててしっかり実行することが出来れば、その時間を大いに有効活用できるでしょう。

 

例えば、アルバイトをしながら勉強を進めることだって出来ます。
単位を取ることが目的なのですから、その他の時間は自分次第でどうにでも活用出来るのです。

 

デメリットについては、メリットと逆のことが言えます。
自分で計画を立てて行動しなければならないため、
それが出来なければ卒業はなかなか出来ないでしょう。

 

自由に使える時間が多いことは良いことですが、
自分を律することが出来なければ前には進みません。

 

単位制高校ではレポートを提出しなければなりませんので、
上手く計画を立てて進める必要があります。レポートが進まなくても先生は何も言いません。

 

これは全日制高校とは大きな違いでしょう。
全日制高校であれば先生が注意してくれるでしょうが、
単位制高校であれば全てが自分次第です。

 

これから単位制高校に進もうかと考えている人は不安になってしまうかもしれません。

 

しかし、ここまで書いてきたように単位制高校を卒業することは大変なことですので、
卒業することが出来れば全日制高校を卒業することに負けない自信を持つことが出来ます。