単位制高校は自己責任がポイント

単位制高校は自己責任がポイント

単位制高校は自己責任がポイントになります。

 

学生時代、学校に行きたくないと思ったことはありますか?

 

私も友達との関係で一時的に
学校に行きたくない」と思ったころもありました。
多くの人が経験あることだと思います。

 

現在では、不登校という形で、それが長引いてしまうケースが増えています。

 

義務教育ではない高校になると、単位がとれないため、
当然、留年になったり中退したりします。

 

一度、不登校になってしまった子供は、勉強が嫌いというわけではないと思うので、
自分に合った学校があれば、また再スタートすることが可能でしょう。

 

子供たちは、いろいろな可能性を秘めていますし、留年したり中退したりしても、
まだまだ将来があるのです。

 

 

 

例えば、不登校の受け入れを実施している、公立高校もあります。

 

単位制高校と呼ばれているところで、
学年制ではないので、
留年することもなく、
単位が取れたら卒業ということになります。

 

 

通信制の単位制高校は、システムの特徴として、
校則がないなど、束縛性がないことで、自分の自由な決定が出来る場所です。

 

ですから、それまで不登校になっていたり、学校に適応できなかったりした生徒であっても、
過ごしやすい環境ではないでしょうか。

 

私もそうですが、普通の全日制の高等学校に進む人がほとんどだったので、
こうした単位制高校についての知識は当時からあまりありませんでした。

 

 

ですが、その中身を知ってみれば、意外とこういう学校のほうが向いていたのではないかと思う友達もいました。

 

その友人は、不登校になりながら、なんとかぎりぎり卒業したのですが、きっと辛かったことでしょう。

 

 

 無料の資料請求で学校を詳しく知ることができます!

 

単位制高校は自己責任なので・・・

 

 

 

一般の全日制高校と違って、通信制の単位制高校などは、他の生徒との関係もなく、先生に強要されることもなく、集団指導もないということですから、集団で過ごすことが得意ではない生徒が、マイペースで勉強出来る場所としてとても素晴らしいところだと思います。

 

 

 

それに、特に通信制の場合は、いつでも、どこでも勉強することが出来ますので、
アルバイトをしながら、時間を作って勉強することが可能です。

 

また、単位制高校の特徴は、学習したいと思う科目を自由に選ぶことが出来るということです。

 

興味がある科目は人によって違うでしょうからね。

 

それから、前に通っていた学校の修得単位なども生かせるので、
残りの単位をとって卒業することも可能です。

 

 

入学も随時受け付けているところもありますし、一年に数回、
受け付けているところもありますから、思い立ったら入学することが出来るのです。

 

また、単位制高校は留年制度がありません

 

 

ですから、学習活動は自分のペースで行なえますので、
3年で卒業することも出来ますし、もっと何年もかけて卒業することも可能です。

 

このように個人にあわせたペースで、個人を尊重してくれますので、
集団生活に疲れて不登校になってしまった生徒にも合っているのではないでしょうか。

 

一見、ゆるくて楽なようにも聞こえますが、単位制高校のシステムは、
考えてみたら卒業できるかどうかは、自分の努力次第、自分との戦いになるわけです。

 

自分で決定できる自由がありますが、それには責任が伴います

 

 無料の資料請求で学校を詳しく知ることができます!

単位制高校は自己責任だから進路をしっかりと考えよう

単位制高校では、全日制の学年制と違って、どの科目を選ぶのか、
いつ出席するのか、テストを受ける、受けない、など、選択肢が自分にあります。

 

また、学業を優先するのか、アルバイトを優先するのか、それも自分で決められます。

 

 

これだけ自由な選択が出来るのですが、自己決定は、
きちんと卒業できるかどうか、また、卒業までの年数にも関係してきます。

 

すべて自分で選んでやってきた結果となるわけです。

 

 

不登校や、引きこもりになってしまった理由はいろいろあるでしょうが、
いつも誰かのせいにして生きてきた生徒の場合、こうした自由の中で、
自己選択、自己責任でやってみることも良い経験になることでしょう。

 

単位制高校は、転入、編入も出来ますから、
高校をやり直したいと思っている方にもよい場所だと思います。

 

 

自宅で学習するなど、通信制の単位制高校は、独学な形態ですから、
その間に社会性やコミュニケーション能力が付きにくいという心配点もあります。

 

自分ではとても快適だった場所だとしても、卒業後は、大学に進んだり、
社会に出て働いたりしなくてはなりません。

 

 

そこで、通信制の単位制高校を選ぶ際は、学習だけではなく
同時に社会性も身につけられる、サポート校などがありますし、
また、フリースクールなどもあります。

 

 

単位制高校ではとりあえず、高校卒業が目標となっていますが、
さらに、その先にある、大学進学や、就職などに向けて、
サポートしてもらうことも必要だと言われています。