全日制単位制高校

全日制単位制高校と通信制高校の違いとは?

 

 

単位制高校と通信制高校は同じように、
各勉強科目の単位を取り高校を
卒業するということになります。

 

しかし全日制単位高校と
通信制高校の違いはあります。

 

全日制単位高校は、
通常の高校のように
週に4~5日学校へ登校して
授業を受け単位を取得します。

 

 

学校の先生の授業を受けながら高校3年間に必要な科目単位をとります
逆に通信制高校の場合は、その名の通り、家での勉強になり家庭学習です。

 

自分のペースで勉強をしたい方に適しています。

 

 

全日制単位高校の場合と通信制高校は単位を取るという勉強は同じです。
通信制高校でも家で自分ひとりで勉強する自信がない人向けに
サポートしてくれる学校もあります。

 

またわからないことはすぐに質問できるように
先生が電話で対応してくれるようなシステムにしている学校もふえてきています。

 

通信制高校の場合は基本的に家で勉強しますが、たまに学校へ行き、
進捗状況を先生が確認するといったことも行なってくれています。

 

 

全日制単位高校も通信制高校にも、公立と私立があります。

 

公立の場合は学費が安く、ほぼ無償化で授業を受けることができるのですが、
提出物や課題提出レポートなどの宿題を自分でキチンと把握して
提出しながら単位をとらないと卒業できません

 

 

公立高校の先生は、生徒がレポートを提出しなくても
注意をしないことが多々あります。

 

自分で自分の事をできるようになるのも大切なので、
冷たい気もするかもしれませんが社会に出る前の準備期間だと思って頑張る方もいます。

 

社会に出ると誰も注意してくれませんし、すべてにおいて自己責任で行動する必要性があります。

 

 無料の資料で単位制高校を確認する!

 

 

 

 

私立の全日制高校や通信制高校の場合、
公立とは違いキチンと遅れないように
いろんなアドバイスやサポートを行なってくれます。

 

つまり私立高校は授業料がかかりますが
塾に通っているような感じでしっかりと先生が
生徒のことをみながら学習していくスタイルです。

 

 

公立と私立とどちらが良いかは、個々の思う基準などによって変わりますが、
高校卒業後の進路を考えた時、私立高校の先生は卒業後の進路についても
親身になって生徒に対応してくれるので将来のことが心配な場合は、
全日制高校であっても通信制高校でも私立が良いかもしれません。

 

ただし公立でもしっかりと自分で行えばキチンとした進路があります

 

 

そんな単位制高校や通信制高校は
全国各地にあるのですが、どこの学校がよいのか
迷っているのであれば単位制高校が比較できる資料
取り寄せて内容を確認していただくのが一番よいと思います。

 

すべての高校の授業料や、進めていく勉強スタイルなど
いろんな学校が掲載されていますので、自分で探すよりも便利ですよ!

 

もちろん無料で取り寄せできますので今すぐどうぞ