飛鳥未来高等学校はどんな学校なの?

飛鳥未来高等学校では、2種類の学習コースを用意しています。
「ベーシックコース」は自由度の高い通信学習スタイルで、
自分の勉強時間を自分で考えてスケジュールすることができます。

 

ひとりひとりのペースを大切にする個別学習を実施しているので、
苦手な科目を克服するためにより勉強時間を増やしたり、
分からない科目については先生に聞いてとことん勉強することができますよ。

 

「3DAYコース」では、週3回のスクーリングを主体に学習を進めていきます。
スクーリングなのでその場で先生のサポートが受けられます。
仲間といっしょに学習できるので、意欲も高まりますね。

 

また、教室は少人数制ですので、しっかりとした学習を希望する人には
おすすめのコースとなっています。

 

 

飛鳥未来高等学校の設立母体は、全国に51の専門学校や大学、
保育施設児童福祉事業などを展開している「三幸学園」。
ですので飛鳥未来専門学校でも、専門的な分野のプロである先生から
学習することができますし、さらに上のクラスの学校への進学も可能となっています。

 

規模の大きい学校ですので、札幌・池袋・名古屋・大阪・広島といった
全国10ヶ所にスクーリング会場を構えていて、自分が通いやすい会場を
選ぶことができるのも魅力ですよね。

 

「ベーシックコース」を選択した場合、スクーリングは年20日程度となりますが、
スクーリングの際は、その場でしか体験できないような、自分のやりたいことや
可能性が広がる「トライアルレッスン」を授業に取り入れています。

 

英検などといった資格も取得できますよ!
飛鳥未来高等学校の学費はそれぞれ以下のようになっています。

 

●ベーシックコース
入学金10,000円/施設設備費60,000円(年間)/単位履修費8,000円(単位毎)/年間授業料100,000円

●3DAYコース
入学金10,000円/施設設備費60,000円(年間)/単位履修費8,000円(単位毎)/年間授業料280,000円

 

通信制高校

ズバット通信制高校の資料請求の特徴
通信制高校比較検討してあなたに合った学校が選べる 通信制高校資料請求は費用一切かかりません。 通信制高校ムリなく勉強できる学校が見つかります

通信制高校ならバイトも自由にできるし、全日制のように毎日通うこともありません。学校によっては家にいながらタブレットやパソコンを使って授業を受けることもできる学校があります。また、高校を卒業すると進路も好きなように決めれるので将来が楽しくなりますよ。

中退したのち通信制高校に転校する生徒も多く、転校する学校を決めるためにズバット通信制高校の資料を見て学校を決めている生徒が多いです。理由は失敗しないからです。せっかく転校しても調べておかなかったことで入学してから違う・・・なてことがないように、まずは資料取り寄せが確実です。

これからどうしよう・・・と悩んでいる方は、まず資料を取寄せてからでも考えてみるのがオススメです。
学校の資料は無料ですのでじっくりみてから決めましょう!
資料
資料取り寄せ無料です
評価
評価5
備考
1回の入力で複数の通信制高校の学費が比較できる資料が無料で届きます。

 

 

TOPへ